業務用エアコンとは

業務用エアコンとは、家電量販店で売っている自宅で利用する家庭用エアコンよりもキャパが大きなオフィスや店舗で利用するエアコンです。

オフィスでは業務用エアコンの使用がおススメです!

運転能力(馬力)が高いこと

オフィスは一般的に一般家庭よりも広いです。その広さに対応できる運転能力を備えています。

用途に対応した能力を選択できること

オフィスではパソコンやサーバーやコピー機などの発熱や、人からの熱により暑くなります。このような用途に合わせて選ぶことができます。

多種多様な形状があること

業務用エアコンには天井埋込タイプと露出タイプなどのタイプがあり、面積や用途に合わせて選択できます。

省エネタイプもあること

業務用エアコンは基本的にオフィス用のため電力がかかりますが、中には省エネタイプもあります。

補助金が利用できるかもしれないこと

主にCo2の削減タイプの業務用エアコンの導入は、国や地方公共団体の補助金が使える可能性があります。

用途で選ぼう

エアコン

業務用エアコンは用途によって様々な形状の種類が用意されています。天井からつりさげるタイプから反対に埋め込むタイプになります。壁掛けや4方向へ風を向けるタイプもあります。スペースや見た目重視なら天井型、工事の費用面を気にするなら壁掛け型が適しています。業務用エアコンの平均寿命は10年です。しかし、設置場所や使用方法によっては寿命を伸ばすことができます。伸ばしたいなら清掃は定期的に行いましょう。フィルターが詰まると運転効率が下がって電気代も高くなってしまいます。室外機に物を置くと吹出した空気を再び吸い込んでしまって効果が弱まります。電気代を節約したいならタイマー機能がおすすめです。就業時間が決まっているならタイマーを使って消し忘れを防止しましょう。

頑丈な構造

業務用エアコン

業務用エアコンは家庭用と比べて耐久性が高く壊れにくいのが特徴です。オフィス用に外装や内部構造がしっかりできているため、どんな場所でも耐えられるようにできています。家庭用では壊れやすい部分も丈夫で長く使えることができます。広い部屋に使うことを想定して馬力は強めです。家庭用を広い部屋に使うとパワーの消耗で故障の原因になってしまいます。業務用エアコンを使った方が故障の心配も大幅に減ることでしょう。オフィスなら断然業務用がおすすめです。

どんな場所でもOK

作業員

業務用エアコンはドアの開閉があっても外気の影響が少なめです。一般の家庭ならドアの開閉はそれほどないでしょう。しかし、カフェ・美容室・病院などお客さんが出入りする場所ではドアの開け閉めが多くなります。開け閉めするたびに外気がすぐ流れ込んでしまいます。業務用エアコンはその点も見込んで設計しているので温度が一定に保つことができます。業務用ならパフォーマンスも高く維持できるでしょう。PCなどの機械で熱を持ちやすい職場でもカバーできます。家庭用では人間に合わせて冷気をカバーしています。大事な機械がある場所では業務用の方が快適に作業ができるのでおすすめです。

広告募集中